RYUSEKI EXPEDITIONS

UIAGM国際山岳ガイド平岡竜石が世界の高峰をご案内

ネパール・ヒマラヤ チュルー・ウェスト 6419m登山隊2020登頂データ

登頂の翌々日の朝、チュルー南西壁。左から西峰、主峰、東峰。

昨日までに全員が帰国し「ネパール・ヒマラヤ チュルー・ウェスト登山隊2020」無事終了しました。
年末年始の休暇を利用して、短い期間で登る本格的なヒマラヤ登山として、企画したチュルー・ウェストでしたが、直前に林道の崩壊や、降雪による通行止めなどもあり、当初の目論見のような短期間での登山には、なりませんでした。
それでもヘリコプターを使わずに日本発着18日間で、カトマンズ出発から11日目に6419mの頂上に立てたので、冬のネパールの寒さや天候を考えると、これが限界でした。
おそらく、もう少し暖かい春や秋のシーズンなら2~3日の短縮が可能でしょう。

今回は、とにかく寒く、天気が悪かったです。
4000m以上に滞在した8日間のうち、スカッと1日中晴れた日は無く、毎日雪や曇りが続きました。
登頂日も、曇り時々雪で、風は弱かったので、登頂はできましたが、時間があればあえて登頂はしないだろう天気でした。

10年振りに再訪したマナン地域ですが、道路と電気が通り少しだけ便利になり、ロッジの数がだいぶ増えたようです。
道路も、一部舗装されたり、コンクリート・ガードが設置されたり、安定してきているようです。
チュルー山群は、6500m前後の手頃な標高と、ちょうど良く便利になった登山環境と、目の前にアンナプルナ山群の雄大な景色など、ネパールの中で最も登り易くお勧めな山群になっていると思います。
次は、普通の春や秋に再訪したいですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

coment on Facebook