UIAGM国際山岳ガイド 平岡竜石が世界の高峰をご案内 世界の公募登山隊 国内登山講習会

ヒムルンヒマール登山隊2012 7126m

ネパール ヒマラヤ

ヒムルン・ヒマール登山隊2012 7126m

満員御礼 只今登山中

ヒムルン登山隊2012

期間 2012年10月5日(金)~10月8日(木)
   ネパール・カトマンズ発着35日間

参加費用 ¥1,050,000.-

日程 1日目 カトマンズ1317m
   2日目 カトマンズ-ジャガット1300m
   3-9日目 ジャガット‐ヒムルンBC4900m
   9-30日目 ヒムルン・ヒマール登山 21日間
   30-35日目 ヒムルンBC-カトマンズ
   36日目 カトマンズ


登山レベル 技術3 体力3 経験4 装備5 根性3

定員 最小3名様 最大6名様

秘境ペリ山群の主峰ヒムルン・ヒマール
 アンナプルナ国立公園の北東端のチベットとの国境に聳えるペリ山群。7000m峰5座を擁する大山群の主峰がヒムルン・ヒマールです。標高7126m。
賑やかなアンナプルナ山群の隣にありながら、唯一の登路であるナル・コーラは断崖絶壁に阻まれ、最近まで隔絶された世界でした。最奥の村プー・ガオンを囲むように並んだ5つの7000m峰、北からラトナチュリ7035m、ヒムルン・ヒマール、ヒムジュン7092m、ネムジュン7139m、ギャジカン7038m。長く外国人の入域が制限されていて、入山するだけで大変だったこれらの山々は、なかなか人を寄せつけず、全ての山の初登頂は遅くヒムルン・ヒマールの初登頂も、1992年の北海道大学隊によるものですが、ナル・コーラに入れず遠回りして、カン・ラ5306mを越えて入山しました。

賑やかなアンナプルナ街道から、隔絶されたプー・ガオンへ
 標高1300mのジャガットから標高2600mのコトまでは、賑やかなアンナプルナ街道辿ります。アンナプルナ街道を離れ、ナル・コーラに入ると大きなロッジなどは無く、チベット文化圏の村々がポツリポツリとあるだけです。近年、峡谷の岩壁に道が付けられ、吊り橋もかかりましたが、今でもトレッカーの姿は少なく、乾燥した茶色い大地と、ヒマラヤンブルーの空が広がるチベット的な風景となっていきます。最奥の村プー・ガオンは標高4100m。チベット仏教の寺院を中心とした要塞のような村を目の当たりにすれば、秘境に来たことを実感できるでしょう。


ヒムルン・ヒマールの頂上へ
 プー・ガオンからモレーン帯を辿り、サイド・モレーンの草原にBC(4800m)を設営します。そして、氷河の末端付近のABC(5200m)を基点に最初の高所順応に入ります。氷河を辿り小さな稜線に出たところにC1(5600m)、更にセラック帯を越えて広い雪面の稜線にC2(6000m)、稜線沿いに上がり6400mのピークの手前にC3(6300m)を設営します。C3からは、隣に聳えるペリ山群の山々から、アンナプルナ、ダウラギリ、マナスルなどの8000m峰までヒマラヤの大パノラマが広がります。6400mのピークを越えて頂上とのコルに最終キャンプとなるC4(6400m)を設営し、頂上を狙います。C4からは今まで見えなかった本当の頂上が望め、翌日登るルートが全て見渡せます。
ヒムルン・ヒマール7126mの頂上の向う側には、どこまでも続くチベット高原の茶色い大地が広がり、振り返れば登ってきたヒマラヤの山々を望むことができるでしょう。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional