UIAGM国際山岳ガイド 平岡竜石が世界の高峰をご案内 世界の公募登山隊 国内登山講習会

Saribung2013 6346m

ネパール ヒマラヤ

サリブン登山隊2013 6346m

サリブン2
画像の説明

期間 2013年4月19日(金)~5月12日(日)
   ネパール・カトマンズ発着24日間

参加費用 ¥750,000.-

日程 1日目 カトマンズ1400m
   2日目 カトマンズ-ポカラ800m
   3日目 ポカラ‐ジョムソン-カグベ2810m
   4-8日目 カグベニ-ロー・マンタン3840m
   9-14日目 ロー・マンタン-サリブンBC5200m
   14-18日目 サリブン登山5日間
   19-20日目 サリブン-プーガオン4100m
   22-23日目 プーガオン-カトマンズ1400m
   24日目 カトマンズ


登山レベル 技術2 体力2 経験2 装備3 根性2

定員 最小2名様 最大6名様

ムスタン・ダモダル山群の名峰サリブン
 秘境ムスタン・ダモダル山群の中心に聳える名峰サリブン。標高6346m。
ムスタンは、2008年に藩王制が廃止されるまで、ネパールで唯一高度な自治王国として存続していました。チベット仏教を信仰しており、古くから鎖国をしていたため、中国に占領されることも無く、チベットの伝統や文化が今も残っている貴重な地域です。
長く外国人の立ち入りを禁止しており、1991年に解禁されてからも、特別なトレッキング・パーミッションが必要な地域として、なかなか入域できませんでした。
ダモダル山群の登山は、1980年代には、一部チベット国境付近や、ムクチナートに近い山が登られていましたが、中心部分の登山はムスタン解禁と同時に始まりました。当時は、地図も無く、ほとんど情報が無い中、アプローチから山の選定まで未知の山群で、探検的な登山が展開されました。2000年代に入り、いくつもの山が初登頂され、サリブンも2002年にアメリカ人によって初登頂されました。

ムスタン、ダモダル山群、プー・ガオンを巡る秘境の山旅
 標高2720mのジョムソンから登山はスタートします。空港に降り立つと、チベット的な乾燥した茶色い大地と青い空が出迎えてくれます。インド製の四輪駆動車で1時間程のカグベニ2810mからムスタン王国に入ります。チベット国境を源流とするカリガンダキ川沿いの道は、「風の回廊」ムスタン地溝帯を通り、旧ムスタン王国の首都ロー・マンタン3700mまで続いています。ナムギャルゴンパ、チャンパ・ラカンや王城など壁に囲まれた城塞都市ロー・マンタンに、滞在して高所順応をします。
ロー・マンタンから、カリガンダキ川を渡り、ダモダル山群へ向かいます。美しいチョルテンと壁画が残された石窟寺院ルリ・ゴンパを通り、5000m級の峠を3つ越えて、クムジュンガ氷河末端5200mにベース・キャンプを設営します。
ベース・キャンプからクムジュンガ氷河を遡ります。周囲には、6000mの未踏峰が立ち並び、氷河の奥にはダモダル山群の最高峰クムジュンガ・ヒマールが聳えます。サリブン峠手前5800m付近にハイ・キャンプを設営し、サリブンに登頂します。
登頂後、サリブン峠の反対側に下り、プー・ガオンを目指します。プー・ガオンを囲むように立ち並ぶ7000m級のペリ山群の山々。プー・コーラの峡谷を、アンナプルナ街道まで下りると一気にキレイなロッジとトレッカーが増えて登山は終了します。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional