RYUSEKI EXPEDITIONS

UIAGM国際山岳ガイド平岡竜石が世界の高峰をご案内

ロッククライミング

Category
太刀岡山1295m左岩稜
秋深し太刀岡山左岩稜登ってきました。 平日日帰りマンツーマン クライミング ガイド&講習会まだまだ募集中です。https://ryusekiexpeditions.com/news/2022ogawayamadlimbing-2/
晩秋の小川山
清んだ青空と、カラマツの黄葉と、カピカピに乾いた岩。南向きの岩は、ほんのり暖かくて快適です。 小川山 平日日帰りマンツーマン クライミング ガイド&講習会まだまだ募集中です。https://ryusekiexpeditions.com/news/2022ogawayamadlimbing-2/
明星山南壁フリースピリッツ&左岩稜
明星山P6南壁のフリースピリッツと左岩稜を登ってきました。初アブミ&初石灰岩で、なかなか苦労しましたが、人も少なくのんびり登る事ができました。日曜日は貸切でした。
小川山屋根岩Ⅲ峰南稜レモンルート
屋根岩Ⅲ峰南稜レモンルートを登ってきました。長袖シャツでちょうど良く、暑くも無く、寒くも無く、手も滑らない。超快適な小川山の最高シーズンが始まりました。 小川山 平日日帰りマンツーマン クライミング ガイド&講習会絶賛募集中 http://ryusekiexpeditions.com/news/2022ogawayam...
10月22日23日 北アルプス 錫杖岳 2168m 前衛壁 左方カンテ2日間
あと1名様募集中
北アルプス 錫杖岳 2168m 前衛壁 左方カンテ2日間 穂高連峰の西側、笠ヶ岳から連なる尾根の末端に、岩壁に擁した一際目立つ岩峰。それが錫杖岳2168mです。穂高岳や剱岳の岩場に匹敵するスケールを有する岩壁ながら、北アルプスの中では標高が低く、新穂高温泉からも近くアプローチが良いことから、人気のアルパイン・クライミン...
9月23日~9月25日北穂高岳3106m滝谷と奥穂高岳3190mジャンダルム3163m縦走3日間
あと1名様募集中
北穂高岳3106m滝谷と奥穂高岳3190mジャンダルム3163m縦走3日間 日本で三番目に高い奥穂高岳3190を主峰とした穂高連峰は、3000mを超えるピークが連なり、日本のアルピニズム発祥の地であり、日本随一の岩の殿堂です。 北穂高岳3106mの頂上直下に広がる滝谷は、上条嘉門次が「鳥も通わぬ滝谷」と表現した程、切り...
北岳バットレス3193m第四尾根
北岳バットレス3193m第四尾根を登ってきました。2週間振りの北岳バットレス。雪渓も無くなり、お花の色も変わって、また季節進んだことを実感できました。登り終えてガスの合間に見えた第四尾根の雄姿に感動しました。
北岳バットレス ピラミッドフェース~第四尾根
やっと夏山登山2022スタートできました。剱岳チンネ左稜線の計画でしたが、剱方面の悪天を懸念して転戦。 2泊3日のゆったりプランで、北岳バットレス ピラミッドフェースから第四尾根を登ってきました。 真っ青な空。咲き乱れるお花と雪渓。最後はガスに巻かれてしまったけど、3000mの朝焼けも素晴らしかったです。
国内 秋山登山ガイド講習会2022
絶賛募集中
国内 秋山登山ガイド講習会2022 秋立つや天高くうろこ雲が流れ、さわやかな風にたなびくチングルマの綿毛、そして燃えるような紅葉。さあ、待ちに待った秋山シーズンの到来です。 9月中旬頃から穂高岳や北岳などの3000mクラスの高山で始まる紅葉前線。10月に入ると谷川岳や錫杖岳などの2000m前後の山々が見ごろを迎えます。...
谷川岳一ノ倉沢衝立岩中央稜
烏帽子奥壁狙いで入山したものの、水が滴っていて1ピッチ目で敗退。からの衝立岩中央稜を登ってきました。曇りがちの1日でしたが、時折晴れ間も見えて、暑く無く快適でした。

只今、募集中 国内登山ガイド講習会